-がんと歩む-「よしさん闘病記」vol.1

よしさんとは私の父の事(^^)
「よしさん闘病記」
そう題してブログを書こうと思ったのは
父が肺腺癌の宣告を受けたから…

このブログが闘病している方、そのご家族の方に届きますように…

父は10月で75歳になります。
3年前に脳梗塞をして以来、通院や検査で病院へ通う日々でした。

そんな中です。
昨年末、肺に気になる影があると…

しかし、
そう伝えられた隣町の総合病院では
放射線治療の設備がないと言う理由で
詳しい検査は年明けに父や私、家族が住む市内の総合病院でする事になりました。

この時、よしさん本人は
「まぁ、こう言う流れだから癌だろうな」
と落ち着いた口調で語っていました。

もし、私がよしさんと同じ事を医者から言われたら…
こんなに落ち着いていられるのかなぁ…と考えてしまったくらいです。

一方、母はと言うと…

レンジで温めるだけでやわらかい食事が完成し、見た目や味、まとまり易さ、飲み込み易さに配慮したやわらかい宅配食です。

固い食べ物や大きな食べ物がやや苦手な方向けの食事から、 ムース状の食事までやわらかさのレベルに応じて3つの食事コースあり!!

お食事を楽しく過ごすために…

詳細はこちらから⇩⇩⇩⇩⇩
やわらかダイニング

誰よりも取り乱していた様に思います。
父にそれを悟られまいとしながらも隠しきれない動揺…

そんな母にかけられる言葉は
「今、この時点で心配しても仕方ないよ」
「それに、なるようにしかならないから」
と言った、ありきたりの言葉でした。

もやもやとした気持ちのままで過ごした年末年始…

そして年が明けた、令和2年1月7日。
市内の総合病院へ行きました。
   ⇩⇩⇩⇩⇩
(この時のエピソードはvol.2で)

主治医が決まり、まずは造影剤を使ってのCT検査。
その後、病理検査に必要な組織を採取しました(1泊入院)

ここまでで、病院を移ってから約1ヶ月。

そしてついに…
何らかの結果が出るであろう2月6日を迎えました。

結果はやはり…癌(肺腺癌)でした。


健康に関する記事