-がんと歩む-「よしさん闘病記」vol.6

よしさんとは私の父の事(^^)
「よしさん闘病記」
そう題してブログを書こうと思ったのは
父が肺腺癌の宣告を受けたから…

このブログが闘病している方、そのご家族の方に届きますように…

父が入院して2週間が経ちました。
抗がん剤治療と併用して放射線治療もする事になった父。

この間、白血球の数値が下がり
次回の抗がん剤治療は見送るかも…
と言う事がありましたが
幸い、投与日には白血球の数値も安定し、
当初の予定通りの治療が出来ています。

抗がん剤治療は週に1度、点滴による投与を。放射線治療は土日を除く毎日…

とは言え、
今の所、自覚する副作用は出ておらず
のんびり入院生活を送っています(^^)

そして、治療の無い週末は外泊許可が下り
土曜の朝食後に帰宅し、日曜の夕食後に病院へ戻る。
といった感じで気分転換もバッチリ!!です。

ただ、見ていて思うのですが…

治療1クール目。
まだ、自覚する副作用が出なくても不思議ではありません。

この事を家族のみんなは分かっているのかなぁ…と。
「副作用が無くて良かったね」と言う母と姉妹。
確かに、自覚する副作用が無い事は良い事だと思います。

でも、2クール目からもその状態が続くと安易に考えてるのでは!?
と思ってしまうんです…

最悪の状態が頭に有るのと無いのとでは、
実際に過酷な副作用が出た時のモチベーションって違いますよね?
そして、ショックも少なくて済む…

傲慢かもしれないけど…
父を支えるため、父以外の家族には強くあって欲しいと願うのです。と同時に
「あの時もっと何か出来たかも…」という後悔を出来るだけ少なくして欲しいとも願います。

1人では大変でも、3姉妹と母。
これだけの人数が居れば、父にしてあげられる事は増えるかと…

父の戦いはまだまだこれから!!
しっかり支えて行きたいと思います。


健康に関する記事


犬好きな方におすすめ記事