T-fal 衣類スチーマーを試してみた

<当サイトはアフィリエイト広告を利用しています>

アイロンがけって面倒ですよねぇ…
手間がかかる家事No.1って言ってもいいくらい

出来る事ならやりたくないアイロンがけ…

でも、そうは言っても…
しわの付いた服を着るのは嫌!!
家族にもしわの無いピンとした服を着せてあげたい✨

そんな時には
「T-fal 衣類スチーマー」
これ、とっても便利ですよ!!

使い方や実際に使った感想をご紹介します。
ご購入を迷われている方のご参考になれれば嬉しいです

アクセススチーム プラス

T-falから衣類スチーマーは数種類出ていますが、今回ご紹介するのは
「アクセススチーム プラス」です。

シワのばしの決め手はスチーム力。
No.1大量スチーム!

と言うのがキャッチフレーズの衣類スチーマーです。

目次へ↑

仕様

製品名 アクセススチーム プラス
電源 100V 50-60Hz
定格消費電力 1200W
温度ヒューズ 216℃
サイズ
(幅×奥行×高さ)
13㎝×14.1㎝×28.3㎝
(コードは含まず)
重量 1220g
(タンク空・コード含む)
コード長さ 3m
タンク注水量 185ml

目次へ↑

各部の名前と働き

ここはサクっと上↑の写真を見て下さい。

色々書いてありますが、
さらっと見て頂ければ大丈夫です(^▽^;)

目次へ↑

付属品

ヘッドカバー(写真/右)

シルクやカシミヤなどの衣類に使用する際に、スチームヘッドに取り付けて使用します。

ブラシ(写真/左)

より毛足が長い、厚手の衣類に使用する際に、ヘッドカバーのかわりにスチームヘッドに取り付けて使用します。

ヘッドカバーやブラシを装着しなくても使用できます。

※上記の他に、ドアに掛けて使用するドアフックも付属品として付いていますよ。

目次へ↑

使用できる衣類

…スチームヘッドを衣類に当てて使用できます
…スチームヘッドを衣類から離して、スチームのみで使用できます
…使用できません

革・合成(人口)皮
ベルベット
ウール・カシミヤ
シルク(絹)
麻(混紡・100%)
綿
合成繊維

麻の種類によってシワが伸びにくい場合があるのでご注意を。

必ず衣類に表示されている絵表示に従って下さい。
また「スチーム禁止」などの表示がある衣類には使用できません。
衣類に絵表示がない場合、上の表を目安にして下さいね。

目次へ↑

スチーム量を変える

素材によって、スチームの量を変える事ができます。
「デリケートボタン」「ターボボタン」を押すことでモードを切り替えられます。
(電源を入れた時点ではデリケートモードが選択されています)

デリケートボタン (デリケートモード)

少な目にスチームが出ます。
生地の薄いものなどに使用する時はこちらのモードを使用します。

ターボボタン (ターボモード)

多め目にスチームが出ます。
厚い生地のものや頑固なシワを取る時はこちらのモードを使用します。

目次へ↑

スタンバイモード

電源を付けて使用せずに8分間経つと、電源ランプが点滅し、スタンバイモードになります。
電源ボタンを押すと解除できますよ。
(点滅が点灯に変われば使えます)

目次へ↑

使い方

  1. 水タンクに水を入れる
  2. 衣類をセットする
  3. ヘッドカバー・ブラシをセットする
  4. 電源を入れる
  5. 衣類にスチームをかける
  6. ワンポイントアドバイス
  7. 片付け

1:水タンクに水を入れる

必ず電源プラグがコンセントに接続されていない事を確認してから行ってくださいね!!

水を入れるのはとっても簡単✨
本体から水タンクを外します。
注水口カバーを開け、
水をタンクに入れます。


タンクを本体にセットします

2:衣類をセットする

付属のドアハンガーまたは、お手持ちのハンガーを使い、衣類をセットします。

加熱・変形・変色・衣類への色移りなどの可能性があるので、熱に弱い素材のハンガーは避けた方が良いで

3:ヘッドカバー・ブラシをセットする

衣類に合ったものをセットして下さい。
私は普段、ワイシャツやセーラー服に主に使用するのでヘッドカバーやブラシはセットしていませんが…

4:電源を入れる

真ん中にある電源ボタンを押します。

電源マークが点滅から点灯に変われば準備OKです。

電源ボタンを押してから40秒程で
点灯に変わり、使い始められます!!
この、スピーディーさもおすすめしたい内の1つで

衣類にスチームをかける

基本的には絵のようにスチームはスチームトリガーをひいている時のみ出るので、
使用中はスチームトリガーを常にひいている状態になります。

ですが…たかが指1本でも
長時間だと負担がかかるので
私の場合大半は、下のように使います。

トリガーロックを🔒マークの位置にすると
スチームを出したままの状態で固定できます
<ワンポイントアドバイス>
生地によっては裏からスチームを当てるとシワが伸びやすいものもあります。
私の場合、洗濯物を干してすぐに衣類スチーマーを使用します。
衣類が濡れている状態の方がシワが伸びやすく時間も短縮できますよ
注意事項
 <使い始めは>
衣類に当てる前に数秒間スチームを出してほこりなどを排出する。
スチームが出てくるまで数秒かかるので、その間しばらくスチームトリガーをひいたままにする。
(始めからトリガーロックを使用する際もスチームが出てくるまで数秒かかります)


■ 本体はなるべく垂直になるように持つ。


■ 使用中に水が無くなったら、水タンクを外して水を入れる。
電源はつけたままでも大丈夫でがトリガーロックは解除してくださいね

水が無くなると振動や音がし出すのですぐ分かりますよ

片付け

  1. 電源ボタンを3秒間、長押しすると電源が切れます。
  2. コンセントから電源プラグを抜きます。
  3. 水タンクの水を捨てます。
使用後はしばらくの間、
スチームヘッドの蒸気口が熱くなっているので、直接手で触れないように注意してくださいね。

目次へ↑

保管方法

高さがあるので安定した場所に立てて保管して下さい。

目次へ↑

使用例・動画

セーラー服(上)

       ↑シワ取り前
       ↑シワ取り後

セーラー服(スカート)

スカートは裏表の両面からスチームを当てています。
ひだのヨレがひどい部分はスチームを当ててから指で折り目を付けるとピシッとなりますよ。
(スチームを当てて直ぐ触ると熱すぎるので数秒おいて下さいね☝)

(左)シワ取り前   (右)シワ取り後


使用動画

目次へ↑

感想

私がこの衣類スチーマーを検討したのは娘が中学生になる時でした。

それまではアイロンを使っていたけど、
セーラー服のスカートとなると…
更に面倒(>_<)
みたいな感じで…(^_^;)

まぁ…
動機は胸を張って言えるものじゃ無いけど
この「T-fal 衣類スチーマー」
購入にして本当に良かったと思います

「アイロンがけから解放されたい」
「種類がいろいろあって悩むわ」
と言うあなた‼

「T-fal 衣類スチーマー」
絶対おすすめですよヽ(*’-^*)。

ご購入はこちらから⇩⇩⇩

目次へ↑


おすすめ記事

犬好きの方におすすめ!!

(Visited 108 times, 1 visits today)