青空散歩

最近、空が夏の顔になってきましたね。

今回は、空に浮かぶ雲のお話

この雲は積雲(せきうん)と言って、風もなく晴れた穏やかな日に見る事ができます。

特に夏の空に見る事が多い雲ですね。

綿のような形をした雲。と言う事で綿雲(わたぐも)とも呼ばれます。

朝現れて、夕方に消えることが多いようですよ。

ぽっかり浮かぶ積雲には色々な形があり

空を見ながら…。


「あの雲ドーナツみたい」とか

「こっちは、左側の大きな雲が先生。右側の小さい雲が生徒たち」

何を教わっているのでしょうね。


なんて、ついつい想像しながら眺めてしまいます。

認知症の予防にラジオが良いとされていますよね。

場面想像とは少し違いますが、積雲を眺めながらいろいろな想像をするのも

脳に良いのでは!?と思います。

皆さんも見つけたら想像してみて下さい。

思わずくすっと笑えたり、誰かに見て見て!!と伝えたくなるような

積雲が見つかるかもしれませんよ。